サイトトップ > サイトマップまで放置

首イボ 取り方

イボにも種類がある

 

疣贅という漢字を読むことができますか?これは「ゆうぜい」と読みます。これは私たちが一般的にイボと呼んでいるものを表す言葉で、その状態や位置などによって尋常性疣贅、足底疣贅、老人性疣贅など様々な種類のものがあります。イボというとウィルスによって伝染するものもありますが、多くは基本的には良性の腫瘍であり健康上の問題はないのですが、見た目に与える影響が大きいのが特徴です。

 

尋常性疣贅は最も一般的なもので、皮膚が薄く摩擦などのダメージの多い場所に出来やすい特徴があります。硬く突起していることが多いのが特徴です。足底疣贅というのは、文字通り足の裏に生じるイボですが、場所柄、常に圧迫されたりこすったりしますので、刺激によって痛みを感じやすいです。

 

時にはイボの部分がめり込んで、その周辺の皮膚が角質化することも多いです。これは原因にウィルスが関わていることが多く、魚の目やタコと誤解されがちですが、伝染しやすいのでスリッパなどの共有には注意が必要です。老人性疣贅は加齢によって生じるイボです。皮膚の老化現象によるもので、「脂漏性角化症」とも呼ばれます。

 

小さなものが増えたり大きくなったりします。形も様々で発生する位置も皮膚の薄い首やワキ、胸元をはじめ、あちこちに生じます。その他にも種類があり、それぞれ対応した治療法があります。ですから自分でイボはなんでも同じだと決めつけず、皮膚科で対処してもらうのが一番です。

 

イボの治療は皮膚科で

 

イボは顔や首などいろんな部位に知らないうちに出来ていて、見た目を悪くしてしまうので早く取り除いてしまいたいですよね。イボというのは古い角質が集まって出来たもので、加齢や肌がストレスにさらされた場合に生じやすいとされています。イボくらいで病院に行くのはイヤだという人も多いですが、実際には皮膚科ではイボの除去が最も効率的に行えます。

 

イボ治療では今はレーザー治療や液体窒素による治療で、自然治癒と比較してずっと早く治すことが出来ます。手術が苦手という人には飲み薬で回復を助けるということもしていますので、一度医師と相談してみると良いでしょう。液体窒素を使った冷凍凝固術と言われる方法では、マイナス200℃近い液体窒素を患部に押し当てながらイボを壊死させていきます。

 

イボの根の部分に至ることが出来ればすぐに治療が終わりますが、数回の通院を要するのが一般的です。レーザー治療は、一度の治療でイボを完全に無くすことができ、手術後も比較的すぐに肌の状態がもとに戻って痕が残りにくいために人気があります。しかし保険適用外となりますので少々費用がかさむのが難点です。

 

その他イボをハサミやメスで切り取ることも行われています。手術後は出来るだけ肌のトラブルが起こらないようにしっかり処置をしてくれますから、自分でするよりもはるかに安全で確実です。保険も適用されることがほとんどですから費用もそこまでかかりません。イボの治療は自分でやりたいという人は多いと思いますが、皮膚科を利用した方がずっと良い結果になります。一度検討してみてくださいね。

 

イボは遺伝するのか

 

首イボが出来ているのを見ると、一気に年齢を感じてしまいます。それが親に見えてしまったら、自分にも首イボが出来るのかなと不安になる人は多いでしょう。しかし安心してください。首イボだけに限らず、イボが子供に遺伝するということは考えられません。親にイボが多くても、子供にそれが遺伝するということは考えにくいそうです。

 

ただしイボが遺伝するわけではなくとも、体質的にイボになりやすい人というのは確かに存在しています。体質は遺伝しますから、親が若いうちからよくイボが出来るような人だった場合には注意しておくにこしたことはありません。どういった人がイボになりやすいかというと、基本的には肌の免疫力が弱い人です。肌の弱い人と言っても良いと思いますが、乾燥肌などで刺激からすぐに肌が荒れてしまう人は要注意です。

 

肌の免疫力が弱いということは、それだけウイルスなどの侵入も多くなりますし、またイボの多くを占める脂質異常から生じるイボも多くなります。肌が様々なストレスを感じるようなアトピーなどの人も、イボが出やすくなると言われています。肌を強くすることがイボ予防にもなりますから、普段からの日焼け止めなどの対策は基本としてしっかり抑え、その上で普段からヨクイニンなどを飲んで肌を強くしておくと良いと思います。

 

ヨクイニンは美肌のためにも有効で、肌の免疫力を高めたり、肌の水分量や皮脂量を調節して強い肌にしてくれます。ターンオーバーを改善する効果もあるとされていて、美肌効果の高い成分です。サプリメントなども多いので、ぜひ試してみてください。

 

イボ治療に使われるヨクイニン

 

ヨクイニンはイボの治療のために使われることが多い薬です。これは食品としてハトムギと呼ばれている植物で、これがよく漢方薬としてイボ治療に用いられています。

 

イボの多くは扁平疣贅や尋常性疣贅といったもので、これらは基本的に肌荒れの一種と言っても良いかもしれません。肌へのダメージが原因で生じるもので、ウイルス性のイボのように感染することはありません。脂肪の異常によって生じるものですから、ターンオーバーをしっかり整えて治すことが出来ます。ヨクイニンが有効なのは、ターンオーバーを整える効果があるからです。

 

ヨクイニンを主成分とした医薬品も多いのですが、それによってイボが回復するとは限りません。しかしそれでも様々な種類のイボに対して医師がヨクイニンを処方していることがあります。医学的にはそれほど有効性はないようですが、ヨクイニンによって改善されたと感じる人が多いようで、おまじないのように処方されているとも言われています。

 

ヨクイニンは基本的には肌の皮脂量のコントロールをし、肌の再生を助けてくれる成分が多く含まれています。そのために肌のターンオーバーが進み、健康的な肌が出てくることでイボの予防や改善に効果があります。しかしそういった成分は他にもある中で、どうしてヨクイニンにこだわる必要があるのかという人も多いようです。

 

論拠がハッキリしないながらも効果が出ているヨクイニンですが、副作用もほとんどなく飲んでおいて損はないことは確かです。イボに困ったら念のために飲んでおくと良いと思います。

 

イボ対策に体質改善

 

首に出来るイボは、ある程度の年齢になれば仕方がないという部分はあります。しかし小さなイボは目立ちませんが、それが大きくなったり、また首だけではなく広範囲に広がってくると気になるものです。イボは病院でも治療することは可能ですが、レーザー治療にしても液体窒素を使うにしても、メスやハサミで切除するにしても、基本的には各個撃破という形で手術をしていくことになります。数が多くなればそれだけ時間も費用もかかりますし、体にも負担がかかります。

 

そこで考えたいのが、体の治癒力を利用して治す方法です。これなら体に負担をかけず、広範囲に生じたイボを一気に改善することが出来ます。そのために利用したいのが漢方薬です。イボに有効な漢方薬としてはヨクイニンが有名ですが、それ以外にも板藍根(ばんらんこん)と呼ばれる漢方薬なども有効です。

 

その他にも体の皮脂量を整えてくれたり、新陳代謝を高めてくれるような性質の漢方薬が処方されるケースもあります。また漢方薬だけでなく、ビタミンサプリメントなども肌の新陳代謝を高めたり、また肌の抵抗力を高めてくれるため有効だと思われます。手術と比較すると治療のために必要な時間は長くかかるものの、多くの部位に有効で、かつ体の他の部分にも健康効果があるのがメリットです。手術などが苦手という人もこれなら負担がありませんから、試してみるといいでしょう。

 

首イボをもう作らない!

 

首のイボができてしまった場合には、最も良い対処はやはり皮膚科に行って切除してもらうことだと思います。市販の薬や化粧品にもイボ対策として使えるものはありますが、こういったものはあくまで治癒を助けるもので、外科的手術のような即効性はありませんから、一刻も早くイボの嫌な感じから抜け出すにはやはり手術が必要です。しかし、病院に行って治しても、再発しては意味がありません。

 

再発させないためには、その後は再発予防をしっかりと行いましょう。首イボを予防するためには、できる限りしっかり保湿してスキンケアを行うことが肝心です。というのは、首イボの原因のひとつには、乾燥によって肌が刺激に弱くなっていることがあるからです。

 

首はもともと肌が薄い上に、よく動きますし、また衣類や髪の毛などに接触しやすく、すぐに肌が荒れてしまう部分です。そこに加えて乾燥が生じると、刺激によってすぐにイボも生じるようになってしまいます。洋服なども首を刺激しないようなデザインのものを選び、日々の紫外線対策を万全にしていきましょう。

 

そして、スキンケアで保湿を行い、生活習慣を整えて普段から免疫を高め、また肌のターンオーバーを整えておきましょう。日々の食事や睡眠をおろそかにしてしまうと、どんなに頑張っても肌の抵抗力が弱くなりますから気をつけてくださいね。首イボの予防は簡単なものですが、持続力を持って毎日行うことが必要になりますから、もうイボは作らないと固く決心して頑張りましょう。